妊婦中のインフルエンザ感染は胎児に影響を受ける?

毎年流行するインフルエンザ、感染すると妊娠していない人でも大変辛い症状に悩まされます。
ましてお腹に大切な赤ちゃんがいる妊婦さんがインフルエンザウイルスに感染したら、妊婦さんもその御家族もどれ程、赤ちゃんへの影響が心配になるでしょう。
妊娠中は胎盤を通して赤ちゃんに栄養や酸素を送るので母体の免疫力が低下しがち。
妊婦さんは風邪やインフルエンザ等の感染症に罹りやすいのです。周りにインフルエンザの潜伏期間の人が居ても気付くことは難しいですし、極力マスクで予防に努めなければなりません。
万が一、妊婦がインフルエンザウイルスに感染してしまったら、高熱や咳などの症状によって体力の消耗も激しく、重症化にもなりやすいです。
その結果、お腹の赤ちゃんが早産となったりそれに繋がる切迫早産になる危険が出てきます。
母体への負担もさることながら、お腹の赤ちゃんも出来ることなら充分な妊娠期間を経て充分な栄養をもらって大きくなってから産んであげたいですね。
そのために出来る予防にインフルエンザワクチンがあります。このワクチンは妊婦さんにも安全で、胎盤を通して胎児にもインフルエンザの抗体ができるので、受けておいた方が良いそうです。

一般的なインフルエンザの潜伏期間についてはこちらをチェック!(外部サイトへ飛びます)

妊婦はタミフルやリレンザの使用は出来る?

もしも妊婦さんがインフルエンザウイルスに感染してしまったら、潜伏期間を経てただの風邪とは違う症状が出始めたら、迷わず我慢せず内科を受診しましょう。
産婦人科を受診して他の妊婦さんにインフルエンザを感染させてしまわないように、産婦人科ではなく内科を受診してください。
インフルエンザを発症してから48時間以内にリレンザやタミフルといった抗インフルエンザ薬を投与すれば重症化を防げます。
逆にその機会を逃した為に重症化して命をも落とした妊婦さんもいるというので、自身と大切な赤ちゃん、そして家族のためにも迷わず速やかに内科を受診してください。
インフルエンザウイルスに感染した場合の治療薬であるこのリレンザとタミフルですが、こんなに強力なインフルエンザの薬なのだから妊婦には良くないだろう、と心配される方も多いことでしょう。
これらの治療薬は妊婦が服用しても胎児に影響はありません。
また、治療薬としてだけではなく、身近な人が感染した場合に感染予防として服用できます。
インフルエンザの疑いがある時に自己判断で市販薬を服用して胎児に影響が出てしまったり本人がインフルエンザ脳症になる危険もあります。
大切な命のために、安心してきちんと医師の診断を受けましょう。