リレンザは世界的に有名?高熱はインフルエンザの疑い

冬になると日本では流行感冒症をみる事ができます。その流行感冒症とはインフルエンザを指します。インフルエンザは11月から2月にかけ空気の乾燥した時期に大流行を見せます。空気が乾燥しているとインフルエンザウイルスは空気中で大増殖をします。そのため人間の肺にも侵入するリスクが高まりインフルエンザの大流行をみる事ができます。インフルエンザが体内に侵入すると一日から三日の潜伏期間を経て症状が発症するようになります。特徴的なのは40度以上の高熱、全身の関節痛です。こうした症状は一般的な風邪でみる事ができません。またこうしたインフルエンザの症状に見舞われると、一般の風邪薬では熱を下げたり、ウイルスの増殖を抑えることができません。インフルエンザの症状緩和には専門治療薬、タミフルやリレンザの服用が必要になります。リレンザと言うとタミフルほど認知度はないものの、タミフル同様インフルエンザの治療薬として医療現場では大変有名な治療薬です。タミフルは数年前に服用した青少年がその後幻覚や幻聴を起こし、奇行に走るなどの異常が見られました。そのため医療現場では青少年にタミフルではなくリレンザを処方するようになっています。リレンザではタミフルのような人体への異常は確認されていません。また形状が粉末薬なので子供や高齢者が服用しやすいメリットもあります。また昨今アフリカを中心に全世界でエボラ出血熱の感染が拡大しています。そのエボラ出血熱が大流行した際に治療薬としてタミフルやリレンザが日本から世界に向けて輸出されました。そのため現代ではリレンザはインフルエンザやその他の感染症に有効な治療薬として世界的に有名になっています。