リレンザと38度以上の熱が出るエボラ出血熱症状

スーダンやコンゴ民主共和国等のアフリカ諸国において、いまだに流行を続けているエボラ出血熱は、非常に恐ろしい感染症なので、気になる方もあるでしょうね。
潜伏期間は2~21日で、死亡率は50~90%もあり、血液を介した場合のエボラウイルスの感染力は非常に強く、針刺し事故では100%に近い確率で感染すると考えられています。
ヒトからヒトへの感染拡大は、貧しい医療衛生環境での注射器および注射針の使い回しや、家族内での濃厚な接触が原因で、これといった治療法はなく、対症療法が基本になっています。
日本では、1類感染症に分類されていて、治療の際は専用の病室に隔離して行うことになります。
症状は、38度以上の熱が出る以外にも、頭痛や悪寒、筋肉痛、吐き気、嘔吐、胸痛、腹痛、咽頭痛、意識障害、下痢、紫斑、吐血、下血などが起こります。
富士フイルムの子会社が作ったインフルエンザ治療薬を使うと、エボラ出血熱に対する効果があったようですが、重症の場合は効き目がなく、いまだ臨床試験の段階なので、一般の人は使用することが出来ません。
インフルエンザにかかると、国内の病院ではリレンザやタミフルを処方されるので、熱っぽかったり、頭痛や吐き気、筋肉痛などの症状が起こったら、早めに病院で診察を受けるようにしてください。
タミフルは経口薬なので、子供やお年寄りでも飲みやすいですが、過去に異常行動で問題が起きたこともあるため、そばに誰かが付いていた方が安心です。
リレンザは吸入薬なので、そこまでの副作用が起きることは少ないと考えられていますから、タミフルを使いたくない方におすすめです。
リレンザは個人輸入代行通販でも販売していますから、いざというときのために取り寄せておき、インフルエンザの症状があらわれたら、使用するようにしてください。